TOPに戻る

番辞苑

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

あ行


信天翁町(あほうどりちょう)
鶴亀県南部地方にある市町村の1つ。名物はパチンコの玉サイズの『ぱち玉まんじゅう』。
か行


神奈木 昇(かんなぎ のぼる)
本編の主人公。幼少期より両親の親友である泉小次郎に育てられ、師匠である泉から斗氣流という古武術を学んだ。師匠の死をきっかけに最強の番長を目指すようになる。


さ行


ステレオダイブ
全裸系のギフト。どこからともなく歌が流れ、身体能力が飛躍的に向上する。


た行


鶴亀県
本州中部、静岡県と山梨県、神奈川県の三県に隣接する日本の広域地方公共団体。富士山麓にある高原をはじめとする豊かな自然と、戦時下から残る爪痕が混在する。成立したのは番和八七五年。 総人口は約23万人、県庁所在地は鴎市。初代県知事は熊野御堂 肇。現在の知事は鷹村巌(たかむら いわお)。


は行


番長甲子園
全国の番長達が集う謎の大会。
番和
第一回番長甲子園開催年が番和元年である。(記録をはじめてから。甲子園自体は何億年の前から行われている。)
ひまわり
鶴亀橋の下で凍えている所を泉小次郎に拾われた。泉から古武術、斗氣流を学ぶが、番和九九三年に行われた伝承の儀の最中、神奈木昇によって崖から落とされた。


ま行


モモちゃん
メスゴリラ。謎の組織に追われている所を神奈木に助けられた。以来、神奈木と行動を共にするようになる。

TOPに戻る